ピアノレッスンを受けよう|はじめてでも上達できる

資格を取るには

男女

2015年の日本の高齢化率は、26.8%にまで到達しました。そして、新潟県の65歳以上の人口は、およそ68万5千人で、高齢化率は30.0%と全国平均を上回る水準となっています。新潟県のように、高齢化率の高い地域では、福祉サービスをスムーズに利用できるように働きかける社会福祉士は、今後ますます存在感を増すことは確実です。社会福祉士の仕事内容は、お年寄りや障害を抱える方、ひとり親家庭などの相談に乗り、状況をしっかり把握したうえで、行政機関や医療機関と連携して、状況に応じた適切な支援が行われるように調整を行うことです。新潟県内で働く場合には、地域包括支援センターや老人ホーム、児童相談所、福祉事務所、身体障害者福祉センターなどの団体で働きます。社会福祉士という名称以外にも、生活相談員、ソーシャルワーカー、児童福祉司などの名称もよく使われます。

生活相談員になるためには、社会福祉士の資格を保持していると、有利に採用されます。ただし、社会福祉士以外にも、精神保健福祉士や社会福祉主事任用資格でもなることができます。また、例えば新潟市の場合には、ケアマネージャーや介護福祉士などの資格を保有していれば、生活相談員になることが可能です。自治体によって条件が異なる事情もあるため、なりたい方は、問合わせてみてください。社会福祉士の資格を取得するには、原則として、四年制大学や専門学校で専門もカリキュラムを学び、卒業することと、社会福祉士試験に合格することが条件となります。加えて、大学を既に卒業している方の場合には、通信制大学をはじめとする通信教育で学ぶことで受験資格を得ることも可能です。今後、ますます必要とされる職種ですから、気になる方は、資格が取れる学校をぜひ探してみてください。

Copyright© 2016 ピアノレッスンを受けよう|はじめてでも上達できる All Rights Reserved.